アコムなら申込みから振込融資されるまでの時間がかからない

派遣男アコム

キャッシングを利用したい方の中には融資は振込で、融資までに時間をかけたくないと言った希望を持っている方は多いと思います。時間や手間がかかるならキャッシングをする意味がないでしょうし、条件を満たしてくれるキャシング業者を探すのも一苦労だったりしませんか。

 

そんな希望に応えてえてくれるのがアコムの即日融資キャッシングです。制約制限はあるものの、最短1時間で振込キャッシングが可能なのがアコムです。

 

平日の14時までに申し込み手続きを完了させられれば、審査に通れば申し込みから1時間で振込による融資が受けられます。注意しなくてはならない点はいくつかあります。審査通過契約完了までの間に、振込融資の申込み手続きを終えてないとなりません。

 

アコムはネットでの申し込みを24時間受け付けていますが審査の回答時間は9時から21時となっているので最短融資を望む方は、9時から14時までの間に申し込みをする必要があります。

 

もう一つ審査通過後、契約手続きのお願いと言う内容のメールが届くシステムになっていて、このメールの契約事項に同意しなければ契約完了にはなりません。ですので、これらの手続きも14時までに終わらせる必要があります。

 

この時間的な制約をクリアできれば、最短1時間での振込融資が可能であることを覚えておきましょう。

アコムの即日融資はいつでも借り入れできるのか

アコム即日融資

「即日融資」のキャッチコピーでキャシングサービスを提供している会社はいくつかありますが、急いでお金が必要な方にとっての「即日」と、キャッシング会社の「即日」は果たして同じ感覚のものなのでしょうか。

 

TVCMでもお馴染みのアコムを例に挙げて、即日融資の時間について説明してみたいと思います。即日融資可能と書いてあるのだから、いつでも申し込みをして審査に通ればすぐにお金を手にすることができるのでしょう。

 

ユーザー側の即日融資への期待値で一番高いのはここなんだと思います。ところが即日融資をキーワードにしているアコムでも、申し込み方や申し込み時間によっては融資されるまでの時間が即日でない場合があるんです。

 

アコムのキャッシングには、店頭窓口、むじんくん(自動契約機)、インターネット、電話での申し込みがあります。どの方法でも基本即日融資は可能としてますが、申し込む時間帯によっては即日融資ではない、時間のかかる融資になってしまいます。振込での融資が一番便利でスタンダードな方法なのですが、銀行営業時間外に申し込みした場合には翌銀行営業時間まで振込手続きができない為タイムラグが発生してしまいます。

 

むじんくんの営業時間は21時までだからとギリギリの時間に申し込みをしたとしても、審査で行われる在籍確認ができない為、仮に審査に通過できる信用情報でいた場合でも、審査自体が平日の銀行営業時間帯に行われているので、夜遅くの申込みでは即日融資は不可能になってしまいます。

 

同じ理由で24時間受け付けをしているインターネットでの申し込みも、即日融資を望む場合には、基本平日銀行営業時間内でないとなりません。即日融資を確実にこなす為には、どの申し込み方法でも、基本平日の午前中がベストと言うことになります。

 

即日融資は24時間どの申し込み方法でも可能ではないことを理解した上で、即日融資を活用することができれば利便性の価値も上がりますよね。

アコムは派遣でも借りられるのか、、、気になる在籍確認を検証

アコム在籍確認

定期的な収入のある方ならお申込み可能。殆どの消費者金融の案内にはそう書かれていますし、アコムもそう書いてます。正規雇用、所謂正社員でない雇用形態で定期的な収入がある働き方をしている人はこれにあてはまるのでしょうか?

 

アルバイトや派遣で働いてる方はどうとらえたらよいのか不安になってしまう方もいると思います。そこでアコムのケースで少しわかりやすく説明してみます。

 

アコムの場合、アルバイトでも派遣社員でも定期的な収入のある方であれば、キャッシングできます。利用条件のところには、パート、アルバイトの方でもOKと書かれています。派遣社員とは書かれていないから派遣だけはダメなのかと言うとそんなことはありませんのでご安心下さい。どのような雇用形態の方でも審査に通過できればと言うのが大前提の話ではありますが。

 

申し込み審査の過程で働き先への在籍確認と言うものがあります。これは申し込み書に書かれている就労先に申込者が実際に在籍しているのかを確認するもので、職場に電話が入ります。パートやアルバイトの方の場合は働いてる現場に直接電話が入るので嘘の申告をしていない限り問題はありませんが、派遣社員の場合ですと少し状況が違います。

 

派遣社員の方が申し込みをする際に、派遣元の社名と派遣先の社名と所属部署を書く必要があります。アコムの在籍確認は派遣元と派遣先のどちらでも確認がとれれば問題ないとしています。

 

派遣先で在籍確認がとれる場合は問題ないのですが、例えば定期的収入はあるものの派遣先が日々違うような職種ですと派遣先を記述できないこともありますから、そのようなケースですと在籍確認は派遣元になります

 

。ここで注意しておきたいの派遣会社によっては派遣登録者を番号管理しているところがあると言うことです。アコムの在籍確認は、個人名で電話をし申込者個人名を呼び出すのがスタンダードなので、番号管理している会社ですと在籍確認ができないことになってしまいます。

 

申し込み者ご自身の派遣会社のスタイルによっては融資を受けられないこともありますので、事前に確認しておくのがよいと思います。

マジで気になるアコムの審査通らない理由とは?

アコム審査

キャッシングの審査については、受験のような感覚になってしまうと言うか、受かれば何も問題はないのですが、落ちたらショックと言うのが世間の定説になっていると思います。これからキャッシングをしようとしている人にとっても審査に通るか通らないかは重要なポイントになると思いますので、アコムで審査に通らない理由をいくつか挙げておきたいと思います。

 

間違った認識で申し込みをするのを諦めてしまうは勿体ないことですからね。アコムでキャッシング審査に通らなかった場合にはいくつかの理由があります。まずは、申込者の属性です。属性とは勤務歴や収などのことです。

 

当然のことながらアコムが規約でうたっている70歳以上の方は申し込み自体を受け付けていません。この属性がアコムので弱いと判断された場合には審査には通りません。雇用形態と年収のバランスが重視されますので、年収が低い高いや、正社員でないからダメと言うことではありません。

 

次に過去にキャッシングやローンなので事故を起こしている場合です。返済が遅れたことがある、完済していない契約があると言った場合にはアコムの審査に通ることはできません。アコムを過去に利用していて事故を起こしている場合は勿論NGです。

 

そして、他社でのキャッシング利用が多い場合です。これも最初に挙げた属性に絡んで来るのですが、年収に対して借り入れが多すぎると判断されてしまう状況では審査には通ることができません。さらには、他社での借り入れの総額が年収の1/3を超えている場合は、法律の総量規制ににひっかかりますのでアコムに限らず審査に通ることはありえません。

 

審査は個人信用情報のデータが基本となりますから、ローンの利用状況や、キャッシングの利用状況が多い方、転職を繰り返している方などは、申し込み前に一度ご自分の信用情報をチェックしてみるのもよいと思います。

 

これらとは逆の考え方で、これまで一切金融利用がない場合にも、審査に通らないこともありますので頭に入れておくとよいかもしれません。このケースですと、信用情報に一切の記録がないことで、アコムや金融業者側が判断しかねてしまうと言うことになってしまいます。アコムに限らずキャッシングの審査は信用情報がベースになっていますので、申し込みやご利用の前にチェックしておくことをお勧めします。